/

この記事は会員限定です

外国人材 四国の力に 10年で2.7倍、ITや介護など

選ばれる職場作り課題

[有料会員限定]

四国で働く外国人が増えている。2018年10月末時点で4県合わせて2万4060人と前年から9%増え、この10年で2.7倍になった。造船所などでの技能実習生に加え、最近ではIT(情報技術)分野などでの活躍も目立つ。外国人材は人口減による人手不足を補う切り札。改正出入国管理法施行を控え「選ばれる職場」を整備する取り組みが求められる。

スマートフォン向けのゲーム関連事業を手掛ける「SHIFT PLUS(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン