オピオイド訴訟、業績への懸念

2019/3/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

26日の米株式相場は続伸。今週後半に再開する閣僚級の米中貿易協議への期待から買われた。新規材料が乏しい中で、市場関係者が注目したのが大規模なオピオイド訴訟だ。この日、オクラホマ州司法長官が医療用麻薬であるオピオイド訴訟で医薬品メーカーに2億7千万ドル(約279億円)の制裁金を科し和解したと発表。全米で1600件に上る訴訟が起きている中、巨額制裁金によるメーカーの業績悪化の懸念が強まった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]