/

この記事は会員限定です

肥後銀、ファンドに出資 データ企業に積極投資

[有料会員限定]

肥後銀行は26日、ソフトウエア開発アステリアの投資専門子会社(4月上旬に米国で設立予定)が組成するベンチャーファンドに200万ドル(約2億2千万円)を出資すると発表した。データ活用などの成長分野への投資を通じて、市場環境に左右されない収益源を中長期的に確保する狙い。

ファンド総額はアステリア出資分と合わせて2200万ドル(約24億円)。成長分野とみる「データ」や「脱中央集権」「デザイン」といった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン