/

この記事は会員限定です

《ビジョン》冨田勝所長 「人と違う」挑戦 つぶさず後押し

[有料会員限定]

現在の日本は人と違うことにチャレンジしようという人材が非常に少ない。高度成長期は欧米に追いつこうと皆で同じ事にまい進すれば良かった時代だったが、現代ではコモディティーの価格競争に巻き込まれると日本は新興国に勝てない。日本が生きていくには高くても売れる高付加価値のモノや技術を生み出す必要があり、第一歩は「人とは違うこと」をすることだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン