/

この記事は会員限定です

日本の恐竜学 若手が引っ張る

第一人者の弟子ら躍進 個性的な視点で謎解明

[有料会員限定]

日本では有名な恐竜化石が見つからず、世界的な恐竜学者も少ない。そんなかつての「常識」が覆りつつある。世界的に著名な日本人研究者の下で育った若手が相次いで登場し、個性的な手法を駆使して業績を重ねているからだ。同世代や兄弟弟子の間で競い合い、日本の恐竜学はルネサンス(再生)の時代を迎えている。

北海道大学准教授の小林快次(47)は、日本で最も有名な恐竜学者だ。次から次へと希少な化石を見つける観察力は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン