中部空港2本目滑走路 なお課題
整備局、周辺の埋め立て計画案

2019/3/26付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

中部国際空港(愛知県常滑市)周辺の埋め立て計画案を中部地方整備局が25日に公表し、地元では2本目の滑走路実現に向け、期待が高まっている。新滑走路の「土台」の整備が進む格好だが、実現するためには旅客需要の開拓など課題も残る。

「2本目滑走路の実現には、この1~2年が勝負になる」。中部経済連合会の豊田鐵郎会長は25日午後の記者会見でこう指摘した。

中部整備局は同日午前に公表した環境影響評価(アセスメ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]