希少薬、日本発で世界へ
富士フイルムや武田、収益源に

2019/3/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の製薬各社が難病でもある希少疾患(総合・経済面きょうのことば)向けの開発を加速する。患者数が少なく企業が及び腰になる分野だったが、デジタル化の進展や政府の支援を背景に収益化が視野に入った。富士フイルムや武田薬品工業などは国内外で事業化を加速し、欧米大手に対抗できる収益源を育てる。効果的な薬が乏しかった希少疾患の治療法拡充が期待されるほか、患者数が多い他の難病への応用など技術・産業基盤の強化に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]