/

この記事は会員限定です

ミスド、中国撤退

ダスキン 人件費重く全店閉鎖

[有料会員限定]

ダスキンは運営するドーナツ店「ミスタードーナツ」の中国本土からの撤退を決めた。24日に現在運営する上海市内の全10店舗を閉鎖する。中国では人件費など運営コストが上昇しており、採算が悪化していた。

ダスキンは2000年に上海でミスタードーナツの現地1号店を開き、直営での店舗の拡大を進めてきた。最近は中国市場の競争激化に加え、経済成長に伴う人件費と賃料の上昇などで収益が悪化していた。徐々に不採算店の整理を進め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン