/

この記事は会員限定です

体罰禁止へ法改正案閣議決定

「しつけ」のあり方課題

[有料会員限定]

政府は19日、体罰禁止を盛り込んだ児童虐待防止法などの改正案を閣議決定した。親権者に子どもを戒める「懲戒権」を認めている民法の改正は先送りし、体罰に罰則はつけなかった。政府は同日、児童相談所への警察OBの配置促進などの具体策も公表し、矢継ぎ早に対策を打ち出すが、実効性のある対策を巡る論戦は国会に場を移す。

児童虐待では悲惨な事件が起こるたびに法改正などによる再発防止策が打ち出されてきた。

2004...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン