/

この記事は会員限定です

生体認証突破のリスク 顔や指紋、偽物を誤認

NEC、目線指示し対策

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)などで使われる「生体認証」の安全性を脅かす報告が相次いでいる。顔や指紋の認証を突破した事例が見つかり、専門家らは危機感を強める。手軽に個人を判別できる生体認証は利便性が高く、弱点を克服する技術の開発も進み始めた。

顔や指紋から個人を特定する生体認証は最近、スマホなどで広く利用されている。パスワードを覚える必要がなく利便性が高い半面、生体データが流出した時などのリスクは高い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン