2019年4月26日(金)

ロッカー活用広がる商機
エリージャパン、再配達の荷物を預かり/スペースアール、品物を閉店後も受け取り

2019/3/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ロッカーの設置や開発を手掛けるスタートアップが増えている。ERYJAPAN(エリージャパン、東京・新宿)は再配達などの荷物を預かる実証実験を開始。SPACER(スペースアール、東京・港)は個人経営の店舗などで顧客が閉店後も品物を受け取れるロッカーを展開する。企業と受け取り手の時間のズレを埋める手段として需要がさらに広がるとみて、商機を探っている。

東京都中野区の住宅街にあるNTT東日本の局舎ビル…

宅配「疲弊」でニーズ 空きスペース活用[有料会員限定]

2019/3/25付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報