2019年8月18日(日)

「献灯使」や「コンビニ人間」 日本文学、英語圏で話題
翻訳本、原文の魅力保つ

2019/3/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

多和田葉子の「献灯使」が全米図書賞・翻訳文学部門を受賞、村田沙耶香「コンビニ人間」が、米ニューヨーカー誌のベストブックスに選ばれるなど、英語圏で日本文学がニュースになっている。話題の背景には、同時代の多様な作品を掘り起こし、原文の魅力を精緻に再現できる翻訳家の活躍がある。

「献灯使」が射止めた全米図書賞は米国の代表的な文学賞で、昨年35年ぶりに翻訳部門が復活した。訳者の満谷マーガレット氏(66)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。