与野党対決色、薄く 11知事選告示
「弱い野党」映す構図 保守分裂、4県で

2019/3/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

統一地方選の前半戦となる11の道府県知事選が21日、告示された。与野党各党は夏の参院選の前哨戦と位置づけるが、与野党が直接対決する構図は北海道のみ。与野党が現職に相乗りする選挙も多い。野党の弱さを反映して危機感の薄れた自民党では、福井、島根、徳島、福岡の4県で候補者を一本化できず分裂選挙となった。夏の参院選で地元組織にしこりを残す懸念がある。(1面参照

11知事選のうち与野党直接対決となるのが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]