BMW「今期も大幅減益」 社長ら会見 英離脱や貿易摩擦響く

2019/3/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ミュンヘン=深尾幸生】独BMWは20日、2019年12月通期の純利益が18年に比べ「大幅に減る」との見通しを発表した。次世代技術への投資を増やすほか、英国の欧州連合(EU)離脱や米国発の貿易摩擦が影響する。「合意なき離脱」や米国の欧州産車に対する関税引き上げは織り込んでおらず、これらが現実になれば減益幅はさらに膨らむ可能性がある。

ハラルト・クリューガー社長らがミュンヘンの本社で年次記者会見を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]