未病対策・子育て支援を訴え 県知事選告示で2候補

2019/3/23付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

21日告示された神奈川県知事選には無所属現職で3選を目指す黒岩祐治氏(64)と、無所属新人で市民団体代表の岸牧子氏(62)が立候補した。両氏は同日、早速街頭に出て「未病対策」や「子育て支援」などそれぞれ政策を訴え、支持を呼びかけた。

自民、公明、国民民主の与野党が推薦する黒岩氏は、横浜市旭区の高齢者の多く住む団地を第一声の場所に選んだ。「超高齢社会をどう乗り越えるかは大きな課題。病気にならない人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]