旧村上F系がTOB 広済堂のMBOに対抗

2019/3/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

広済堂は20日、投資家の村上世彰氏が関わる不動産会社と投資ファンドが自社に対しTOB(株式公開買い付け)を開始する報告を受けたと発表した。広済堂は投資ファンドと組んでMBO(経営陣が参加する買収)を目指している。旧村上ファンド系の企業らがMBOに対抗してTOBを実施するとみられる。

TOBは村上氏の個人資産を運用する南青山不動産(東京・渋谷)と投資会社のレノが実施する。買い付け価格は1株あたり7…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]