/

この記事は会員限定です

投信、独自指数運用広がる

スタートアップと連携 低コスト、AIが銘柄選択

[有料会員限定]

有望な投資テーマに沿って銘柄を絞り、独自の指数として運用する手法が広がっている。指数連動で運用コストを抑えながら、市場平均を上回る成績を目指すアクティブ型の要素も持つ。スタートアップが人工知能(AI)などで「データ経済」や「宇宙開発」といったテーマごとに銘柄を抽出し、運用会社向けに指数開発を競う。乱立気味の独自指数は従来のアクティブ運用に脅威となる一方、算出プロセスの透明性確保が課題となる。

デー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン