/

この記事は会員限定です

作家 ねじめ正一(4)

高円寺純情商店街

[有料会員限定]

1989年(平成元年)、私は小説「高円寺純情商店街」で直木賞を頂いた。直後に、私の生まれ育った高円寺北口銀座商店街の会長が、「商店街の名前を、高円寺純情商店街に変えたいんですが」と、言いにやって来た。会長は私の父のことも良く知っていたし、父も好きだった人なので、二つ返事で受け入れた。

それから、あれよあれよという間に商店街入口のアーチが塗り替えられて、名前が「高円寺純情商店街」に、本当に変わったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン