/

この記事は会員限定です

自動車の未来(下)「空飛ぶクルマ」好機見極めを

持続可能な社会形成に道 中野冠・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

昨今の「空飛ぶクルマ」やドローン(小型無人機)、電動航空機などの飛行技術と自動運転技術の進歩によって、今後空の交通システムに革命が起こることが予想されている。日本では空飛ぶクルマ(空の移動革命)が、2018年6月15日の閣議決定で成長戦略の一つとして取り上げられた。18年8月末から12月まで官民協議会が開かれ、20年代の実用化を目指したロードマップが発表された。

海外でも18年10月時点で、世界で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン