2019年8月25日(日)

天災被害、瞬時に予測 米企業、日本の自治体支援

2019/3/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人工知能(AI)を使って防災シミュレーションを手掛ける米ワン・コンサーン(カリフォルニア州)は日本向けのシステムを開発する。住民分布や建物の築年数といったデータを蓄積しておき、地震の震度や大雨時の降水量を組み合わせると各地の被害状況を瞬時に予測できる。企業の事業継続計画(BCP)や自治体の防災計画づくりを支援する。

開発は損害保険ジャパン日本興亜や民間気象会社のウェザーニューズ(千葉市)などと組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。