/

この記事は会員限定です

高値警戒、市況頭打ちも

18年度取引額、3年ぶり減少の公算

[有料会員限定]

好調な地価と足元の市況には乖離(かいり)も見て取れる。新規物件の供給が細る中、投資家や消費者が高値に警戒を強めており、マンションなどの市況に頭打ち感も出ている。

2019年の公示地価で最高額となった東京都中央区銀座4丁目の山野楽器銀座本店。1平方メートルあたり5720万円と1年前に比べ3.1%上昇したが、伸び率は18年の9.9%から鈍化した。

海外マネーもブレーキがかかる。都市未来総合研究所の調べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン