商業地、浅草地区 上位に 都内公示地価4.2%上昇
訪日客増が押し上げ

2019/3/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国土交通省が19日発表した2019年の公示地価(1月1日時点)で、東京都内の全用途は平均で前年より4.2%上昇した。上昇は6年連続で、前年より上げ幅は0.8ポイント広がった。商業地では台東区の浅草地区が軒並み上昇率上位に入るなど、外国人観光客の増加が地価を押し上げる要因となった。住宅地では23区のうち荒川区が上昇率のトップだった。

商業地は6.8%の上昇で、前年より上昇率は1.4ポイント広がった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]