<点検オフィス市場>(下)20年まで続く大量供給 「二次空室」のリスクも

2019/3/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「米国の景気減速懸念や、10月の消費増税の影響で『二次空室』のリスクは次第に高まるだろう」。不動産サービス大手CBRE(東京・千代田)の大久保寛氏は指摘する。二次空室とは企業のビル移転に伴い、移転元のビルで発生する空室のこと。2020年まで続くとされる大型ビルの大量供給も空室増につながるとみる識者は多い。

不動産サービス大手JLL(東京・千代田)の推計では、1フロア1千平方メートル以上の大型ビル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]