/

この記事は会員限定です

5G時代へ通信包括検証

「全国一律」拡大 固定前提、見直しも

[有料会員限定]

総務省の有識者委員会は18日、2030年ごろを想定して将来の通信ルールづくりの中間報告案をまとめた。超高速の無線システム「5G」の登場などで進化するサービスに対応するため、固定電話が前提の旧来の仕組みを包括的に見直す。生活に欠かせなくなっているブロードバンドを全国で誰もが利用できるようにする制度整備などを打ち出した。

5Gが普及すると固定電話と携帯電話の融合が進み、有線・無線の高速通信のブロード...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン