/

この記事は会員限定です

iPSで脳梗塞マヒ改善

大阪医療センターなど、ラットで効果

[有料会員限定]

国立病院機構大阪医療センターの金村米博部長と慶応義塾大学の岡野栄之教授らは、脳梗塞によって起きた手足のマヒを一部改善する手法を開発した。iPS細胞から神経のもとになる細胞を作り、ラットの脳に移植して効果を確かめた。

研究が進んで国などの承認が得られれば、5年後の臨床応用を目指す。

成果は神戸市で21~23日に開かれる日本再生医療学会で発表する。脳梗塞を含む脳卒中は国内で年間約30万人が発症する。助...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン