/

この記事は会員限定です

ドローン事業、海外で先手 新興勢が規制の緩さに着目

テラドローン、22カ国で設備点検/CLUE、ガーナと協定結び測量

[有料会員限定]

ドローン(小型無人機)関連のスタートアップ企業が相次ぎ海外に進出している。テラドローン(東京・渋谷)は22カ国23社に出資し、インフラ点検などのノウハウを蓄積する。CLUE(クルー、東京・港)はガーナの政府機関と協定を結び測量などを始めた。ドローンの規制が緩い新興国などで実績を積み、日本で産業用の市場が本格的に立ち上がるとみられる2020年代に備える。

3月上旬、ドローンの運航システムを手掛ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません