/

この記事は会員限定です

顎の大きさ決める遺伝子

東大など、シロアリで関係解明

[有料会員限定]

東京大学の三浦徹教授や北海道大学の越川滋行准教授らのグループは、シロアリの顎の大きさを決める遺伝子を突き止めた。成長の過程で作られる特定のホルモンの濃度が高まった後、脚や複眼などの構造を決める遺伝子が働き顎を大きくしていた。生物の形と遺伝子の関係を探る新たな手がかりになるという。

同じ遺伝子をもっているにも関わらず女王やワーカー、兵隊など異なる形態へ成長するオオシロアリを実験に使った。脱皮や変態を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン