/

この記事は会員限定です

中村彰彦「二つの山河」 徳島・鳴門市

「かれらも祖国のために戦ったのだから」

[有料会員限定]

大正時代、徳島県鳴門市にドイツ人俘虜(ふりょ)(捕虜)の収容所があった。第1次世界大戦中、中国から送られたドイツ兵捕虜約5千人のうち約1千人が暮らした「板東俘虜収容所」だ。ここでは会津出身の松江豊寿(とよひさ)所長の方針で国際法を守り、人道的な施設運営が行われた。捕虜は音楽、演劇、スポーツ、商工業などの活動を行い、地域住民とも交流して西洋の進んだ技術を教えた。作者はこの「奇跡の収容所」の実態と、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン