市民オペラ進化 プロが指導役
研さん積み講座や新作挑戦 

2019/3/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アマチュアの一般市民団体が主体となって上演する「市民オペラ」が進化している。オペラ専門の音楽家や地元経済界との連携を深め、プロ並みの公演を実現する団体も現れた。聴衆の裾野拡大に一役買っている。

「市民オペラはレベルが低いイメージを持たれていた。プロにも負けないオペラを作りたかった」。愛知県豊橋市など同県三河地方を中心に活動する「三河市民オペラ」の制作委員長を務める鈴木伊能勢氏はこう語る。

同市民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]