/

この記事は会員限定です

「家族信託」で財産管理 認知症に備え 子らに託す

金融機関が枠組み提案

[有料会員限定]

認知症になってしまった場合の財産管理の方法として「家族信託」に関心があります。一部の金融機関が家族信託の支援をしていると聞きましたが、どんなサービスなのですか。

認知症になると、金融機関の窓口で本人名義の口座にある預貯金を引き出したり、自宅を売ったり、貸したりできない。こうした取引に必要な判断能力がないとみなされるからだ。家族らが家庭裁判所に「成年後見」を申し立てて後見人が付けば取引できるが、原則...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン