2019年8月20日(火)

中国全人代、垣間見る素顔
指導者の挙動、各国注視

2019/3/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)は毎年1回、3月の恒例行事だ。10日間程度で目立った議論もなく法案や方針が承認されるため「ゴム印会議」とも呼ばれる。ただ、外国政府やメディアにとっては指導者の素顔に触れる貴重な機会だ。今年も公の場での指導者の一挙手一投足に注目が集まった。

3日はまず国政助言機関・全国政治協商会議(政協)の開幕式を人民大会堂で開いた。開始から約40分で小さなどよめきが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。