/

この記事は会員限定です

チャート&データ 配当落ちで1000億円の買い

[有料会員限定]

今年の3月期企業の期末配当の権利付き最終売買日は26日。日経平均株価の配当落ちは過去最大になりそうだ。株価指数連動で運用するパッシブ投資家が増えたことで、配当落ちに伴う株価指数先物への買いが相場の下支え役になるとの期待が出ている。

パッシブ運用の投資家は、実際に配当が払い込まれる6月までの間、指標とする配当込み指数との連動を保つために先物を買い、ズレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン