/

この記事は会員限定です

大和ハウス、中国関連会社で不正

横領疑い、117億円損失も

[有料会員限定]

大和ハウス工業は13日、中国のグループ会社の大連大和中盛房地産(遼寧省大連市)で不正が発覚したと発表した。預金残高と帳簿に約234億円の差額が生じていることが判明。同社は大和ハウスの持ち分法適用会社で、差額分が全額回収できなかった場合、大和ハウスは約117億円の損失を計上するという。

大阪市内で同日、記者会見した大和ハウスの芳井敬一社長は「ガバナンス体制が非常に甘かった。グループ全体で再度しっかりやっていく」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン