/

この記事は会員限定です

全店で24時間営業やめると… セブン、営業益1割減

アナリスト試算 加盟店の収益も厳しく

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスがコンビニエンスストアの24時間営業を巡る問題に直面している。「将来的な利益鈍化懸念が浮上している」(楽天証券経済研究所の松村梨加氏)ことで株価も軟調だ。もし全店が24時間営業をやめた場合、同社の業績にどれほど影響が及ぶのか。複数の証券アナリストの協力を得て試算したところ、「連結営業利益を約1割押し下げる」との結果が出た。

セブン&アイの国内コンビニは約2万1000店のほぼ全てがフランチャイズチェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン