2019年3月20日(水)

千葉大発ベンチャー、119番 音声入力で情報共有
救急隊と病院 搬送スムーズに AIで病気予測も

2019/3/14付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

千葉大学医学部発のベンチャー、Smart119(千葉市)は音声認識や人工知能(AI)を使った救急医療システムを開発した。「119番」通報時や救急医療現場でのやりとりを音声で入力。内容を病院側と共有できるため、効率的な搬送が可能となる。2018年7月から千葉市消防局と実証実験を始めており、20年度以降の導入を働きかける。

開発したシステムは「Smart119」で、救急隊・病院向けと個人向けがある。…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報