2019年6月19日(水)

昆虫食で世界救え
環境優しく、栄養豊富 パンなど新商品 自販機も

2019/3/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

栄養価が高く環境に優しく生産できる食料として、コオロギなどの昆虫を原材料にしたパンや栄養バーなどの食品が続々登場している。イナゴや蜂の子のつくだ煮のような昆虫そのままの見た目ではなく、チョコレートや抹茶の味で食べやすさも追求。昆虫食は世界の食料難の救世主と期待され、災害時の食料にも使える。日本でも抵抗感を乗り越えて普及を図ろうと取り組みが広がる。

黒っぽいブラウニーのようなものを口にすると、きな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報