陸自パワハラ 国に賠償命令 長崎地裁「合理的指導を逸脱」

2019/3/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

陸上自衛隊那覇駐屯地(那覇市)に所属していた元自衛官の男性(22)=長崎県大村市=が、上司4人からのパワハラが原因で退職を余儀なくされたとして、国に損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、長崎地裁であった。武田瑞佳裁判長は退職の原因が上司による違法な暴行や指導だったと認め、100万円の支払いを命じた。

武田裁判長は、上司が頭をスリッパでたたいたり、自衛隊法の条文の書き写しを毎日命じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]