2019年3月25日(月)

患者宅で治験、期間短く
ノバルティスなど世界大手 端末で計測データ送信 ファイザー、日本でも計画

2019/3/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スイスのノバルティスなど世界の製薬大手が海外で、患者宅での臨床試験(治験)に取り組み始めた。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術で血圧などのデータを病院に送る。通院が不要なため参加率が高く、3~7年の治験期間が1割短くなると見込まれる。新薬開発はスピード向上とコスト削減が課題で、効率化の手段として広がりそうだ。

患者の自宅での治験は製薬業界が「バーチャル治験」と呼んで導入し始めた。患者…

新薬効果確認も効率化[有料会員限定]

2019/3/11付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報