/

この記事は会員限定です

TDK、磁気で心臓の異常検出

心電図より正確

[有料会員限定]

TDKと東京医科歯科大学は、心臓の動きをリアルタイムに可視化できる磁気センサーを開発した。心臓が動くときの磁場を読み取り、異常の有無を非接触で調べる。4月から不整脈や狭心症といった心疾患を持つ数百人の患者を対象に半年から1年かけて臨床試験し、実用化を目指す。従来の測定機と比べて、計測コストを5分の1程度に下げられる見通しだ。

TDKが開発したセンサーは「心磁計」と呼ぶ、心臓の動きを面的に把握する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン