2019年8月23日(金)

損保4社、避難所の費用補償 地震・津波、保険で備え

2019/3/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

損害保険ジャパン日本興亜など損害保険4社は全国926の町村を対象に、地震や津波が起きたときの避難にかかる費用を補償する保険をつくる。東日本大震災が起きてから防災意識が高まり、自治体は災害時に早期の避難を呼びかけるようになった。一方で小さな自治体にとっては避難所を設けるお金の負担が重い。民間の保険の仕組みで災害対策を充実させる。

この保険は幹事社の損保ジャパンが主要な引き受け手となる。東京海上日動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。