/

この記事は会員限定です

AI特許 米中が逆転 上位50に中国19社、国策映す

本社調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社は人工知能(AI)に関連した特許の民間企業ランキングをまとめた。2016~18年の3年間で公開された特許の出願件数を調べたころ、上位50社に入った企業は中国が19社で、米国の12社を上回った。13~15年は米国の企業数が上回っていたが、逆転した。ハイテク摩擦の主戦場であるAIで中国が存在感を高めている現状が浮き彫りになった。

日米欧中の特許庁や世界知的所有権機関(WIPO)などで公開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン