/

この記事は会員限定です

景気判断、分かれる見方 「後退局面」との声も

[有料会員限定]

内閣府が公表した1月の景気動向指数が機械的な判断で景気後退の可能性を示唆したことを巡り、景気への見方が割れている。輸出や生産は減速する一方、雇用環境などは良好なためだ。現時点での景気後退入りを断言するエコノミストは少ない。政府は3月の月例経済報告で改めて景気認識を示すが、参院選や消費増税に影響しかねないだけに難しい判断となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン