2019年8月20日(火)

外資の日欧コンテナ航路復活 EPA追い風

2019/3/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

欧州と日本を結ぶ外国企業によるコンテナ航路が復活する。世界最大のコンテナ船連合が5月にも横浜港に再就航することを決めた。欧州航路は中国やアジアの有力港に需要を奪われ、便数は20年前の10分の1に減っている。日欧は経済連携協定(EPA)の発効で貿易の拡大が期待でき、日本の港湾を改めて評価する動きが出てきた。

デンマークのマースクとスイスのMSCによるコンテナ船連合「2M」が、「AE1・ショーグン」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。