/

この記事は会員限定です

日欧EPAのGI保護策

複雑な規定、チーズ業界混乱

[有料会員限定]

「分かりにくい」。2月に発効した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)を巡って、チーズ輸入業者などからこんな声が上がっている。問題になっているのは農産物などと生産地を結びつけた名称を地理的表示(GI)として日欧で相互に保護する制度。米国への配慮もあってどこまでがGIに抵触するか線引きが複雑だ。

GIは、伝統的な生産方法などを生かした農産物や加工品の生産地名を含む名称を知的財産として保護する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン