/

この記事は会員限定です

情報銀行、データ保護が要 サービス本格開始へ

取得や提供、問われる安全

[有料会員限定]

個人データを預かり、民間企業などに提供する「情報銀行」が2019年から本格的にサービスを開始する。一定のルールのもとで産業界がデータを利用しやすくし、データエコノミー社会を後押しする。すでに一部で実証実験も始まった。データを個人から受け取る「入り口」と第三者に提供する「出口」の信頼性向上が、サービス普及のカギを握りそうだ。(広井洋一郎)

スマートフォンのアプリに自分のプロフィルを登録しておくと、東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン