/

この記事は会員限定です

(シネマ万華鏡)月夜釜合戦

ドタバタ喜劇で描く権力

[有料会員限定]

つきよのかまがっせん。変わった題名だが、なかみも変わっている。

大阪の釜ケ崎(西成・あいりん地区)。日雇い労働者のくらすドヤ街として有名なまちだ。

映画は、ここにどっぷりとつかりこみ、16ミリ・フィルムで、まちの温度とにおいを深く吸いこむ(上映も16ミリ)。

まちの空気のドキュメンタリーとしても、興味深いものがある。監督・脚本の佐藤零郎(れお)は、「阿賀に生きる」等の佐藤真に師事したドキュメンタリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン