緩和縮小、世界で後退
欧州中銀、年内の利上げ断念 景気減速、備え乏しく

2019/3/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=石川潤】世界経済の先行きに不透明感が強まるなか、各国の中央銀行が進める金融政策の正常化にブレーキがかかってきた。米国が利上げの一時停止を打ち出したのに続き、欧州中央銀行(ECB)も利上げの先送りを決めた。金融緩和を十分に縮小できないまま次の景気後退局面に陥れば中銀の打つ手が限られ、景気悪化に歯止めを掛けにくくなる危うさもある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]