/

この記事は会員限定です

患者に透析中止提案

公立福生病院 女性死亡、都が調査

[有料会員限定]

東京都福生市の「公立福生病院」で2018年8月、医師が腎臓病患者の40代女性に人工透析治療をやめる選択肢を示し、中止を選んだ女性が約1週間後に死亡していたことが7日、関係者への取材で分かった。東京都は医療法に基づき同病院を立ち入り検査し、厚生労働省と連携し事実関係などを調査している。

関係者によると、女性は昨年8月上旬に同病院に治療に訪れた。その際、医師から治療法と同時に、死につながるリスクがある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン