銀行「店舗偏重」脱却急ぐ みずほ損失、メガから地銀波及も

2019/3/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

みずほフィナンシャルグループ(FG)がシステムや店舗の大規模な減損処理に踏み切った背景には銀行を巡る大きな構造変化がある。実店舗に頼らないデジタル金融の進展や長引く低金利によって、従来型の店舗は収益を生み出しにくい「不良資産」となっている。他のメガバンクも先行して処理に動いており、今後は地方銀行などにも同様の動きが広がりそうだ。

1面参照

「店舗やIT(情報技術)、インフラに莫大な固定費をかけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]