/

この記事は会員限定です

しぼむタカ派 強まる「緩和色」

景気変調 米欧中銀の転換波及

[有料会員限定]

景気変調や米欧中央銀行の方針転換が日銀の政策を決定する力学にも影響を及ぼし始めた。政策委員会の9人のなかで、マイナス金利政策が金融機関の収益を下げる副作用などに配慮してきた「タカ派」が中立路線に立ち位置を変え、金融緩和に積極的な「リフレ派」が勢いづいている。景気の減速感が強まれば、新しい経済見通しを示す4月の金融政策決定会合でより緩和方向の議論がなされる可能性がある。

「リスクが顕現化すれば、遅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン